男性不妊についてご紹介します

実は不妊理由が男性側に問題があることも多いのです

不妊理由内訳グラフ

不妊に悩むご夫婦やカップルの40%が男性側にあると言われています。10組に1組ほどいると言われ、そのうちの女性側に原因があるケースが45%、男性側に原因があるケースが40%、原因不明のケースが15%と報告があります。男性不妊の傾向は年々増加傾向にあり、ストレスや環境ホルモン、活性酸素などの社会的要因が原因ではないのかと指摘されています。

 

男性不妊理由の内訳グラフ

 

この中の男性不妊の主な原因は、精子の数や運動率、直進率の問題が挙げられます。男性不妊の原因は他にもいろいろありますが、圧倒的に多いケースが精子の運動率が低いことと、精子の質が悪くなっているという「造精機能障害」と呼ばれるものが男性不妊の原因の大部分を占めています

男性の正常な精子とは?

男性の正常な精子の場合は 

精子の数
*精液1ml中に精子が2000万匹以上
運動率
*前進運動精子が全体の50%以上
奇形率
*精子全体の15%以下
生存率
*精子全体の75%以上
*WHO(世界保健機構)の定める基準

造精機能障害の種類

「造精機能障害」は、精子の数・運動率・奇形率によって5種類の症状に分かれます。 

乏精子症

*精液1ml中に精子が1000万匹以下の状態

精子減少症

*精液1mlt中に精子が2000万匹以下の状態

精子奇形症

*奇形の精子が多く、正常形態精子率が30%以下の状態

精子無力症

*精子の運動率が悪く、精子運動率が50%以下の状態

無精子症

*精液中に精子が1匹もいない状態

造精機能障害の治療法は?

現在のところ、特効的な治療薬や治療法はありません。その為、ホルモン剤の投与や漢方療法などで、様子を見つつ、人工授精や体外受精を行っているのが現状なのです。この方法で妊娠に成功する方もいらっしゃいますが、精子の状態が悪ければ精子の摂取も困難になり、男性不妊の治療はまだまだ厳しい状況にあると言えます。ただ、研究機関や病院などでは、治療の研究が進められていますので、今後の新たな治療法の開発がおおいに期待されますね。

 

疑いのある場合は早めに医師の診断を受けましょう。また、男性不妊は生活習慣を改めることが効果的だと言われています。乱れた食生活や喫煙、ストレスなど日常生活の改善に取り組んでいきましょう。また、滋養強壮に良いとされる”マカ”は必須アミノ酸をはじめとした、各種ビタミンや鉄・亜鉛などのミネラル、特有成分のグルコシノレート、サポニンなどの色々な栄養素が入っていますので、日常生活の改善としてマカを摂取してみるのも良いかもしれませんね。

 

▽栄養満点のマカはコチラから▽

マカセットバナー画像